幼稚園へ行こう!(これから幼稚園を探すママへ)

MAMA Shopping
入園準備品などネットショッピングでぞうぞ!





 ど う す る ? 幼 稚 園 
子供が2・3歳になる頃に気になりだす幼稚園のこと。
ママたちの間でも話題になりますよね。
「2年保育にする?3年保育?」「どこの幼稚園がいいんだろう?」なんて会話があったりしますよね。
幼稚園見学したり、情報収集して、お子さんに合った幼稚園探しをしてみましょう!
このページでも、幼稚園選びのポイントをまとめてみました。

 2 年 保 育 ?  3 年 保 育 ? 

現在幼稚園は、2年保育、3年保育が主流になっています。
地域差もあり、3年保育が主流の地位や、公立幼稚園に2年保育しかない地域など、様々です。
平成12年度、当時の文部省が、幼稚園就園奨励費補助金の対象を拡大し,満3歳に達した時点で随時入園する者も補助対象に含めました。
それによって、満3歳入園を受け入れる幼稚園も随分増えたようです。
また、3歳以下でも、プレクラスや2歳児クラスなどといったクラスで受け入れている幼稚園もあります。
3歳児以下のクラスでは、週数回や週1回、数時間幼稚園は通うクラスもあります。
一部では、そのプレクラスに入っていれば、優先的に入園できる場合もあるようです。

では、掲示板でも相談される”2年保育、3年保育 どっちを選ぶ?”には、どうしたらよいのでしょうか?
まず、家庭環境考えてみましょう。
下に乳児がいれば、なかなか公園へも行けず、数時間でも幼稚園へ行って楽しく過ごしてくれればそれも良いかもしれません。
しかし、乳児がいるのに、毎日送迎をしたり、行事参加をするのが大変なときもあります。
2年保育にし、親子でゆっくり過ごすもいいですし、
3年保育にし、お友達と幼稚園で楽しく遊ぶのも、きっとお子さんにはいい刺激になることと思います。

周りの情報に流されず、ゆっくりご家族で話合って、お子様の幼稚園生活を考えてみてくださいね。


 公 立 ? 私 立 ? 

近くにはある幼稚園は公立ですか?私立ですか?
公立園でも、私立園でもそれぞれの良さや特徴があります。
また、公立のみの地域や、通える範囲に私立園しかない場合もあるでしょう。
現在は、幼保園(幼稚園+保育園)になったり、自治体の方針で、公立園が少なくなったりと、幼稚園環境も変わりつつあります。
一般的に公立=安い 私立=高い と 言われたりしますが、私立の場合、自治体からの補助金(助成金)があったりして、保育料に差がない場合もあります。(補助金についてはコチラ)
私立幼稚園は、スイミング、英語、鼓笛隊など習い事やスポーツ音楽に力を入れているところ、延長保育(預かり保育)がある幼稚園も多いようです。
公立園では、保護者のお手伝いが多いところもあるようです。


  バ ス ?  給 食 ?  お 勉 強? 

幼稚園を選ぶにあたって、いくつかのチェックポイントがあると思います。

●お弁当or給食
毎日のことだから、悩んでしまう、お弁当か、給食か・・・・?
やはり給食の幼稚園は人気ですね。
でも、園児のお弁当箱は小さいので、ちょっと詰めれば一杯になるので、あまり苦に感じないと話されるお母様や毎日いろいろ工夫して作るのが楽しいといわれる方、子供に合ったお弁当を作られれるので良い、アレルギーがあるのでお弁当の方が良い場合もあります。。
給食でも、給食会社のお弁当のところもあれば、園内調理をしているところもあります。
毎日給食のところや、週2・3日お弁当だったり・・・。
また、お子様がアレルギーなどがある場合、それに対応してくれるかどうかもきちんと調べておかなければならないですね。
毎日のことですから、お母様が無理しないで出来る範囲で決めればいいのではないでしょうか?

●バス通園or送迎?
送迎バスがあるか?無いか?近くまで、送迎バスが来てくれるかも大きなポイントとなるでしょう。
やはり、毎日のことですし、送迎は、行き、帰りと2回となります。
雨の日もあれば、下に小さなお子さんがいれば、そのことも考えてしまうでしょう。
また、送迎バスがあっても、行事などや子供が急病になったときは、お迎えに行くこともありますから、
親も幼稚園へ行ける範囲で考えなければなりません。
案外多いのが、幼稚園の送迎バスでの、ママたちのお付き合いでのこと。
トラブルや、ママ同士の関係に疲れ、バス通園をやめ、自分で送迎に変えた場合なども聞かれます。
万が一、何かあった時も考えて、親も幼稚園へ行ける方法、距離を考慮しつつ、幼稚園選びのポイントにしてみてください。

●お勉強系orのびのび系?
よく聞かれるのが、いわゆる「お勉強系幼稚園」「のびのび系幼稚園」という言葉です。
小学校受験を見据えた保育を実施している幼稚園もあります。
もし、小学校受験を考えるなら、そのような幼稚園も良いかと思います。
幼少期はどんどん遊んで欲しいとお考えなら、そのような幼稚園もたくさんあります。
どちらにせよ、お子様に合った、家庭の教育方針に合った園を探してみてくださいね。
 


シュタイナー?  モンテッソーリ?  キリスト教系? 仏教?

幼稚園には、それぞれ力を入れている保育内容や、教育方針があります。
シュタイナーや、モンテッソーリの考え方を取り入れた園も人気のようですね。
教会関係では、お寺が経営している幼稚園や、協会附属の幼稚園などがありますね。
礼拝やお祈りがあったりもしますが、ほとんどが、信仰している家庭の子でなければならないということもありません。
親子で知らなかった教えに触れてみることもいいかと思います。
キリスト教系などでは、イースターやクリスマスの降誕劇など、キリスト教ならではの行事等も経験できます。
これもまた、情報収集し、家庭で相談してみてくださいね。
 延長保育? 預かり保育? 課外保育? 

最近は、延長保育(預かり保育)などが充実した幼稚園が増えてきました。
降園時間を過ぎても預かって貰えたり、夏休み、冬休みなども料金を払い預かってもらえます。
子供が入園したら働きたいと思っているママや、資格取得を目指し勉強したいママなどには、大事なポイントですね。
また、急用や、子供がお友達と遊びたいなどの理由でも利用できるのも大助かりです。
預かり保育の時間・料金も様々です。ぜひ、チェックしましょう。

また、人気なのが、課外保育。
降園時後に幼稚園内で行われる、習い事などの教室です。
体操教室、英会話教室、絵画教室、スポーツ教室などいろいろ行われています。
習わせてみたいものがあれば、降園時間の後、そのまま幼稚園で習い事でできるのは、便利ですね。
 入園金? 保育料? バス代? 施設費? 

やっぱり気になるお金のこと。
入園金、保育料も地域差が大きいようです。
また、公立、私立でも違ってきます。
私立でも、補助金(助成金)がある場合、保育料が安い公立と同等の保育料と同じ位の金額になることもあります。(補助金についてはコチラ)
また、入園祝い金などが自治体から支給される地域もあります。

保育料以外にも、必要なものがいくつかあります。
バス通園すれば、バス代、給食なら、給食費、他にも、制服体操服等の代金、遠足、本、文具などの用品代、父母の会などの会費、設備費、遠足等の写真代、お泊り保育代等など・・・・。
入園してみて案外お金がかかるとびっくりすることもあります。
雑費についても、ぜひ、在園児、卒園児のご両親へリサーチしてみましょう。

 園児数は? 先生の人数は? 園庭の広さは?お手伝いは?役員は? 

一学級当たり幼児数/設置基準35人以下(原則)などと、基準があります。
1学級の園児数や担任、補助がつくかなども気になるところです。
1クラスの人数が多いと目が届かないのでは?という心配もありますし、園全体の人数と園庭や施設の広さもチェックしたいところです。
マンモス園ですと、運動会などの行事で自分の子供を捜すのも大変だったり、場所取りが大変な場合もあるようです。

また、幼稚園では、保護者が行事のお手伝いをすることもあります。
父母の会(PTA等)などもあり、活動が活発だったり、役員になった場合、お手伝いが多い幼稚園もあります。
そのようなことが苦手な方は、親のお手伝いの有無もチェックしておいた方がいいでしょう。

 さ い ご に ・ ・ ・

はじめての幼稚園選びに、悩まれていることでしょう。
どんな幼稚園が良いのか、うちの子に合う幼稚園は?と考えれば考えるほど、わからなくなったり・・・。
お友達と同じ幼稚園がいいのかな? 気に入った幼稚園は、近所のお友達はいないなどということもありますよね。

ちょっとだけ、子供の1年後を想像してみてくださいね。
パパやママが見学し、悩みながら、決めた幼稚園で元気に遊ぶわが子。
運動会で一生懸命に走る姿。
入園式では親も不安で心配でたまらないものですが、半年もすれば、本当に成長してくれます。
きっと楽しい幼稚園生活を送ってくれますよ。

案外子供は強いもんです。
小さくても子供には順応する力もありますよ。
幼稚園決めるポインは、子供に合うかということは勿論ですが、家庭環境、親の都合などいろいろあるでしょう。
その中で入園させたい幼稚園を決めたら、その幼稚園を信頼し、お子様を任せてみてくださいね。
それでも、幼稚園選びでは見えなかったものが、入園してみれば見えてくることもあります・・・。
そんなときは、一人で悩まず、この「がんばれ、幼稚園ママ」の掲示板でもいいですから、だれかに相談してください。きっと力になってくれると思います。
子育てには悩みがつきもの。
でも、一人で悩みを抱え込まないで・・・。それが、このHPを立ち上げたきっかけでもあり、管理人の願いでもあります。

お子様が楽しく通える素敵な幼稚園みつかりますように・・・・♪







がんばれ〜♪幼稚園ママ  幼稚園へ行こう!  




【プライバシーポリシー】